◆◆◆その他の用語集◆◆◆

・反撃
戦闘処理の際、攻撃された側が破壊されなかった場合に行われる行為です。
攻撃された側の攻撃力と攻撃側の防御力を比べ、攻撃力が上回っていれば攻撃側が破壊されます。
この行為は攻撃としては扱われません。

・破壊
戦闘やカードの効果で発生します。
破壊されたカードは捨て札となります。

・捨て札
カードを使うためのコスト、破壊、カードの効果などで発生します。
基本的には捨て札になったカードは持ち主の捨て山に送られます。

・隔離
カードを使うためのコスト、カードの効果などで発生します。
隔離されたカードは隔離ゾーンに送られます。
隔離ゾーンに置かれている限り、他のカードの干渉を受けることはありません。

・出す、フィールドに戻す
カードの効果などでカードをフィールドに置くことをさします。
これ自体は召喚や詠唱、使用としては扱わず、コストも発生しません。
また、フィールドに戻す場合は直前に存在していたプレイヤー側のフィールドに置くことになります。

・装備、付与
装備アイテム、付与スペルが対象と相互関係が成立している状態をさします。
それらの詠唱や使用後に効果処理によって発生しますが、カードの効果によって発生することもあります。
この行為自体にコストは発生しません。

・交換
2つのカードを入れ替えること。
これ自体は召喚や詠唱、使用としては扱わず、コストも発生しません。

・使う
召喚、詠唱、使用、発動などコストにする以外でカードで行動を起こすことをさします。

・コスト
「~して詠唱する」「攻撃する場合、~する」等の何らかの行為を行うための対価をさします。
ルールとして召喚・詠唱・使用の際に魔力を払うことも含まれます。
また、「代わりに~する」等の常在能力を適応するための条件もこれに含めます。
その行為をする際には、「block」を作る前や効果を適応する前に予めその対価を払う必要があります。
払えない場合、それらの行為を行うことはできません。

・手札に加える
デッキ・捨て山などから手札にカードを移動させることをさし、ドローもこれに含みます。
ドロー以外の方法でデッキ等の相手に公開されていない場所からカードを移動させる際には、そのカードを相手に見せる必要があります。

・無効
カードの攻撃・召喚・詠唱・使用・発動・適用の処理を行えなくなることをさします。
「block」を作る物の場合、その処理は成立せず「block」は終了となります。
召喚・詠唱・使用が無効となった場合、「block」強制終了後にそのカードはフィールドに出ることなく捨て札となります。
また、無効となった行為も行おうとしたという事実は残ります。

・シャッフル
デッキをランダムに混ぜ合わせることをさします。
ゲーム開始時、パートナーの選択後に必ず行う行為です。
また、デッキの中身を確認した場合やデッキにカードを戻した場合にも、特別明言されていないのであれば行います。
ただし、「デッキの1番下に戻す」という様に戻す場所を指定している場合には基本的には行いません。

・トークン
トークンとは、カードの効果で生み出されたユニットの事です。
カードではないのでデッキに入る事はなく、捨て札となった場合は捨て山には行かずに消滅します。
また、何らかの効果でデッキや手札や隔離ゾーンに送られる場合も消滅します。
トークンはカードではありませんが、通常のユニットと同じくユニットゾーンに置きます。
ユニットとして扱われるため、召喚時にはそのレベル分の魔力を払う必要があります。
また、通常のユニットの様にリターンすることは可能で、コストとして捨て札にしたり隔離することも可能です。
《バディチェンジ》等のカードの効果によってパートナーにすることもできます。
実際にフィールドに出すときは、コイン等で代用すると便利です。

・カウンター
カードの効果によってカードに置かれる目印の様なものです。
カードの効果によって様々な効果が適用されます。
基本的には存在すること自体や取り除かれることによって様々な効果を発揮します。
カウンターはフィールド上のカードのみへ置かれ、そのカードがフィールドから移動する際に取り除かれます。
それぞれのカウンターには「〇〇カウンター」といった固有の名称があり、他のカウンターでは代用できません。
なお、基本的にそれぞれのカウンター自体に効果はありません。

◆◆クロス・ユニバースとは◆◆

◆◆◆基本ルール◆◆◆

◆◆◆カードの種類◆◆◆

◆◆◆ゲームの流れ◆◆

◆◆◆基本となる行動◆◆◆

◆ ◆ ◆処理の詳細(テーブルとブロック)◆ ◆ ◆

◆◆◆処理の詳細(各処理について)◆◆◆