◆◆◆処理の詳細(テーブルとブロック)◆◆◆

このゲームでは「table」と「block」という概念でほぼすべての処理を行います。

「table」とは行動を起こすタイミングを表したものになります。
「block」はその中で行うそれぞれのアクションを表したものです。

※例外として、魔力調整ステップ及び魔力補充ステップではこの概念がありません。

●「block」を発生させる行動は、具体的には以下のものが当てはまります。

・ドローステップの通常のドロー
・効果処理外でのユニットの召喚
・スペルの詠唱
・アイテムの使用
・ユニット等のカード効果の発動
・ユニットの「リターン」
・攻撃宣言
・戦闘処理

●また、「block」を発生させる行動は、「ノーマル・アクション」と「クイック・アクション」に分けられます。
「ノーマル・アクション」は自分のターンでしか行えませんが、「クイック・アクション」はお互いのターンで行えます。

・「クイック・アクション」
スペルの詠唱、誘発能力の発動、即時起動能力の発動

・「ノーマル・アクション」
上記以外の全ての行動

☆実際の処理
各ステップが開始するとまず「table①」が発生します。

「table」が発生した際、お互いにそのタイミングで行動をして「block」を作るか確認します。

この際、ターンプレイヤーにまず「block」を作る権利があります。
ターンプレイヤーがその権利を放棄した場合のみ、非ターンプレイヤーが「block」を作れます。

この時、最初に作られるのは「block①」と呼ばれます。
「block①」が作られたら、次にその上に「block②」を作るかを各プレイヤーに確認します。
このように次々と「table①」というタイミングの上に「blockX」を作って順番に積み重ねていきます。
2つ目以降の「block」は1つ前のブロックを作らなかった方のプレイヤーに作成の権利が先に与えられます。
そのプレイヤーが放棄した場合のみ、同じプレイヤーに続けて作る権利が与えられます。

お互いのプレイヤーが権利を放棄した場合、「block」作成は終了し積み上げた上から順に行動を処理していきます。
そして、処理が終了したところで「table②」が発生し、同じように処理をしていきます。
「tableX」での「block①」の作成をお互いに放棄した場合、一連の処理が終了となります。

その後、再び「table①」が発生します。お互いが「table①」での「block①」の作成放棄した場合、そのステップは終了となります。

ちなみに、「ノーマル・アクション」はターンプレイヤーが「table①」の「block①」でのみ行えます。
「block②」以降、および「table②」以降で行えるのは全て「クイック・アクション」となります。

※1
ドローステップでの『通常のドロー』、バトルステップでの攻撃宣言処理後の『戦闘処理』は強制的に行う「ノーマル・アクション」ですので、行動が可能となった最初の「table①」で行わなければいけません。

※2
「~をした場合」、「~された場合」等の過去形でタイミングを指定している「クイック・アクション」はそれらの処理が行われた「tableX」の次に発生する「tableX+1」内で使うことができます。
強制的に発動するものの場合は上記※1と同じ理由でその「table」内で可能な限り早く行う必要があります。

※3
「~を行う場合」等のタイミングを指定している場合は、それが行われるアクションが乗っている「tableX」内でのみ使うことができます。
条件を満たすアクションが複数乗っている場合は、使う際にどれに対しての物なのかを明言してください。

◆◆クロス・ユニバースとは◆◆

◆◆◆基本ルール◆◆◆

◆◆◆カードの種類◆◆◆

◆◆◆ゲームの流れ◆◆

◆◆◆基本となる行動◆◆◆

◆◆◆その他の用語集◆◆◆

◆◆◆処理の詳細(各処理について)◆◆◆