◆◆◆基本となる行動◆◆◆

『ドロー』
自分のデッキの1番上からカードを手札に加える行為をさします。
お互いのプレイヤーは自分のターンのドローステップで1枚「ドロー」を行います。(先行1ターン目は除く)
ドローをする場合に自身のデッキにカードがなかった場合、そのプレイヤーは敗北となります。

『召喚』
ユニットカードをフィールドのユニットゾーンに出す行為を「召喚」といいます。
その際、そのレベル分の「魔力」を支払う必要があります。
各プレイヤーは1ターンに1度、自分のターンのメインステップに手札からユニットを「召喚」することができます。
各種カードの効果でも行えますが基本的に「魔力」の支払いは行わなくてはいけません。

『詠唱』
スペルカードをフィールドのスペル&アイテムゾーンに出し使うことを「詠唱」といいます。
その際、そのLv分の「魔力」を支払う必要があります。
各プレイヤーはお互いのターンの好きなタイミングで手札からスペルカードを「詠唱」出来ます。
例外として魔力補充ステップ、魔力調整ステップには「詠唱」できません。

『使用』
アイテムカードをフィールドのスペル&アイテムゾーンに出し使うことを「使用」といいます。
その際、そのLv分の「魔力」を支払う必要があります。
各プレイヤーは自分のターンのメインステップに手札からアイテムカードを「使用」出来ます。

『発動』
ユニットの効果、既にフィールドに存在するスペルやアイテムの効果が起動することを「発動」といいます。
ユニット、アイテムは特に記述がない場合、自分のターンのメインステップでのみ「発動」することができます。
スペルは特に記述がない場合、お互いのターンの好きなタイミングで「発動」できます。(魔力補充ステップ、魔力調整ステップを除く)
「発動」の際は、特に記述がなければ「魔力」は必要ありません。

『攻撃』
フィールドのユニットはそれぞれ1ターンに1度ずつ攻撃宣言する権利を持ち、自分のバトルステップに相手のユニットへ攻撃を仕掛けることが可能です。
パートナーを攻撃対象に選ぶことは、基本的には他の相手ユニットがいない場合のみ行えます。

『同時攻撃』
パートナーと他のユニットが協力して攻撃することを「同時攻撃」といいます。
パートナーで攻撃を行おうとする場合に「同時攻撃」を宣言することで発生します。
その際に、参加する他の自分ユニットを選択します。
選択できるのは攻撃の権利が残っていて、尚且つパートナーと同じタイプを持つユニットだけです。
そのパートナーの攻撃の戦闘処理時、攻撃力は「同時攻撃」するユニットの総攻撃力で計算を行います。
「同時攻撃」したユニットは攻撃をしてその戦闘を行う扱いとなり、1回の攻撃権を失います。
攻撃する際に条件を持つユニットは「同時攻撃」時にもその条件を満たす必要があります。
この時の戦闘処理での「反撃」はパートナー1体に対してのみ行われます。

『リターン』
自分のユニットを放棄することで、「魔力」を得る行為です。
各プレイヤーは1ターンに1度、自分のターンのメインステップに行えます。
「リターン」を宣言し、同時に自分フィールドのユニットを任意の数選択します。
それらを全て捨て札にして、そのレベルの合計値分の「魔力」を得ることができます。
ただし、そのターン及び直前のターンに召喚したユニットは選択できません。

◆◆◆クロス・ユニバースとは◆◆◆

◆◆◆基本ルール◆◆◆

◆◆◆カードの種類◆◆◆

◆◆◆ゲームの流れ◆◆

◆◆◆その他の用語集◆◆◆

◆ ◆ ◆処理の詳細(テーブルとブロック)◆ ◆ ◆

◆◆◆処理の詳細(各処理について)◆◆◆